Skip Navigation.

国際テロに対抗する情報を求める

指名手配中
 の在処につながる情報
ムハンマド・アブドゥラ・カリル・フセイン・アル・ラハヤル(Muhammad Abdullah Khalil Hussain ar-Rahayyal) 
最高500万ドルまでの報奨金


生年月日 : 1965年11月27日
出生地 : レバノン
身長 : 5フィート9インチ
髪 :
眼 : 黒っぽい
肌の色 : オリーブ色
性別 : 男性
国籍 : パレスチナ人
現状 : 逃亡中
別名 : アブドゥラ・カリル・ムハンマド(Abdullah Khalil Muhammad)、アブドゥラ・ムハンマド・カリル(Abdullah Muhammad Khalil)、カリル・アントワン・イワン(Khalil Antwan Iwan)、カリル・アリド(Khalil Alid)、アンタワン・カイワン・カリル(Antawan Kaiwan Khalil)
傷痕やほくろ : 左目の下に傷跡、右頬に傷跡

ムハンマド・アブドゥラ・カリル・フセイン・アル・ラハヤルは1986年9月5日のパキスタンのカラチで整備中のパンナム73便のハイジャック事件関連で指名手配中です。上記の個人は以下の罪状で起訴されました:

米国に対して攻撃を行うための共同謀議、米国外で米国人を殺害するための共同謀議、米国外での米国人殺害、米国外での米国人殺害未遂、米国外で米国人に重傷を負わせたこと、人質行為、暴力犯罪遂行中の拳銃使用、航空機への破壊装置設置、航空機上での個人に対する暴力行為の実行、航空機ハイジャック、悪意による航空機破損、同幇助

ワダウド・ムハンマド・ハフィズ・アル・トゥルキ、ジャマル・サイード・アブドゥル・ラヒム(Jamal Saeed Abdul Rahim)、ムハンマド・アブドゥラ・カリル・フセイン・アル・ラハヤル(Muhammad Abdullah Khalil Hussain ar-Rahayyal)およびムハンマド・アフメド・アル・ムナワル(Muhammad Ahmed al-Munawar)は、1986年9月5日にパキスタンのカラチで整備中のパンナム73便ハイジャックで果たした役割のゆえにコロンビア特別区で起訴されました。ハイジャッカーは、航空機と少なくとも78人の米国人を含む乗員乗客379人を約16時間拘束し続けた後、乗客に銃を無差別に乱射し、少なくとも20人を射殺し、100人以上に重傷を負わせました。これらの人物は国際テロ・ネットワークであるアブ・ニダル機構の人員だったと考えられています。

Click here to listen to a Public Service Announcement about this terrorist